◆犬のしつけについて

子犬を飼ったらしなければならないこと。

それは、「しつけ」ですね。


この「しつけ」ですが、正しい方法で行っていますか?


ダメなことを叱る。

よいことをしたら褒める。





犬のしつけは、人間社会で犬が幸せに生きていくために必要なルールを教えることです。

(お座りやお手、伏せなどの芸は、しつけとは少し違います。)



しつけは犬と飼い主の信頼関係を築いたり、コミュニケーションを取る時間だと思ってください。


また、叱るのは、タイミングが重要です。

叱っていいのは、現行犯のときです。
その場で、すぐに叱ることで「これはしたら怒られるんだ。いけないことなんだ。」と学んでいきます。

過ぎたことを叱っても、何のことで怒られているのか犬はわからず、混乱してしまいます。




子犬の頃は、叱るよりも褒めることが大切です。

「ちゃんとトイレができたね」とか、「おいで~」と呼んで来たら褒める。

よいことをして、褒める時におやつをあげましょう。

そうすることで、「○○をすると、飼い主に優しくされて、なおかつ、おやつまでもらえる」
と感じることで、とってもいい子になっていきますよ。


子犬の時こそ、飼い主と犬とのコミュニケーションが大切ですね。


でも、焦ってはダメですよ。しつけは時間がかかるものです。



怒られてばかりでは、犬にとってストレスなだけです。

私たち人間も、怒られてばかりでは、嫌になってしまいますが、
褒められたら嬉しく思い、伸びますよね。

それと同じです。

しつけとして、いつも叱られては、犬もすねてしまいますよ。



しつけのポイント


その1.しつけは、人間社会で犬が幸せに生きていくために必要なルール
     (上下関係など)を教えること。


その2.叱るときは、現行犯のとき。
     叱るときは、低い声で!名前を呼んではいけませんよ。


その3.よいことをしたときは、大げさなくらいたくさん褒める。
     名前を呼んで、褒めてあげましょう。ご褒美のおやつも忘れずに!


その4.叱ってばかりでは、犬にとってストレス。
     褒めて伸ばしてあげましょう。


その5.しつけは時間がかかるものです。焦らず何度も教えましょう。




愛犬とたくさんコミュニケーションをとって、信頼関係を築き、
楽しい時間を過ごしてくださいね。





シェルティ、コリーをメインにブリーダーから販売します!
かわいい子犬屋さん
スポンサーサイト
テーマ: わんことの生活 | ジャンル: ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する